任意整理のメリットとデメリット

弁護士や司法書士に相談して行う任意整理には、任意整理手続きが開始される時点で貸金業者の取り立て行為の規制が取られることになり、電話や訪問などによる借金の取り立て行為全般を抑止することができるというメリットがあります。また、同時に債務総額を確定させるため、和解成立前の間、返済義務が免除されることになります。利息制限法によって再計算を行い、利息制限を超えた利息を支払っている場合は、残りの元本の減額が可能となります。また、利息制限法を超えた利息を長期に渡っている場合には、再計算により、元本以上の返済をしている場合があるため、過払い金の請求を行うこともできます。テレビCMで弁護士による過払い金請求の無料相談がよく流れていますが、このことを目的としているのです。

任意整理相談の和解が成立すると、将来の利息が全て免除されることになります。いいことづくめのようですが、任意整理にはデメリットもあります。まず、利息制限法をもとに再計算をしても、そのあとに残った元本以上の減額をすることはできません。つまり、借金自体の圧縮幅はあまり大きくなく、将来的な元本返済義務は継続されることになります。また、個人にとって最も大きなダメージとなるものに信用情報機関のブラックリストに掲載されることがあります。信用情報機関は、各金融機関などに借金総額や返済状況、資産状況などを提供しているものであるため、少なくとも5年以上は債務者名義での借金やローンができなくなるため、クレジットカードを使って買い物をすることもできなくなってしまいます。

Written by 管理者 in 未分類

Next Post

任意整理の費用

弁護士や司法書士に相談して行う任意整理には、任意整理手続きが開始される時点で貸金業者の取り立て行為の規制が取られることになり、電話や訪問などによる借金の取り立て行為全般を抑止することができるというメリ […]

Continue Reading