弁護士への任意整理相談

多重債務者ということばの響きはあまりよくありません。しかし、カードローンやキャッシング、リボルディング払いなどを繰り返していくうちに返済が滞るようになり、短絡的に複数の消費者金融などから借金をして、気づいたら借金で首が回らないという事態に陥ってしまうことがあり、いつの間にか多重債務者と呼ばれてブラックリストに掲載されることになることがあります。仕方なく債務整理をすることとなりますが、債務額や借入先が少ないのにいきなり自己破産の道を選ぶのは、もったいないことです。債務整理には、さまざまな方法があるため、手続きの方法を誤らないように、弁護士の無料相談でアドバイスを受けることが大切です。

債務額や借入先が少ない場合に選べる債務整理の方法として任意整理があります。法的な手続きをとるものではなく、債権者と直接話合いをすることになるため、債務者が自分自身で行うこともできますが、知識や経験もないままに進めると債権者の都合のいいように話がまとまってしまうこともあります。債権者は金貸しのプロです。プロに丸腰の素人が挑んでも勝ち目はないわけですから、法律や行政手続きのプロである弁護士や司法書士の手を借りることによって同じ土俵に立てることになるわけです。個人で交渉する場合には、債務者が取引経過を明らかにしないことによって都合のいい話合いにもっていくこともありますが、弁護士や司法書士に依頼すると任意整理の手続きが始まると同時に受任通知が債権者に送付され、取り立て行為を止めることができるとともに、債務者の代理人として交渉を進めてくれるのでストレスがありません。

Written by 管理者 in 未分類

Next Post

任意整理のメリットとデメリット

多重債務者ということばの響きはあまりよくありません。しかし、カードローンやキャッシング、リボルディング払いなどを繰り返していくうちに返済が滞るようになり、短絡的に複数の消費者金融などから借金をして、気 […]

Continue Reading