任意整理の費用

任意整理を依頼する場合の費用は、弁護士事務所や司法書士事務所によって異なるので一概には言えませんが、目安となる一般的な任意整理の費用としては次のようなものとなります。まず、着手金ですが、債権者1社につき2万円程度で、たとえば同じ債権者であっても視点が異なる場合は別としてみなされ債権者の数だけ着手金が必要となるのが一般的です。報酬金は、債権者が主張する元金と和解金額との差額分の1割に相当する額、また、過払い金の返還が発生した場合は、債権者が主張する元金の1割に相当する額と過払い金の2割に相当する額の合計額となるといわれています。

任意整理は、自己破産のように借金額を全て帳消しにするのではなく、返済すべき借金総額を減額することを目的としているため、任意整理後の返済計画に無理があっては意味がありません。減額された借金を返済することを目的としているため、将来的に全く収入を見込むことができない無職の方や安定した収入が期待できない方、3年以上の期間を設けても分割返済できる見込みがないという方には、任意整理という方法は向かないことを理解しておきましょう。弁護士が無料相談に応じてくれる初期の段階で、自分の置かれたありのままの状況を隠すことなく全て伝えて、最もよい方法を見つけることが大切です。

Written by 管理者 in 未分類

Next Post

利息制限法と弁護士

任意整理を依頼する場合の費用は、弁護士事務所や司法書士事務所によって異なるので一概には言えませんが、目安となる一般的な任意整理の費用としては次のようなものとなります。まず、着手金ですが、債権者1社につ […]

Continue Reading